お問い合わせ

閉じる

納入事例CASE STUDY

写真:株式会社しまむらの納入事例

ネット通販の物流拠点に
オーダー別仕分け装置「PTIシステム」。

株式会社しまむら
東松山ECセンター 様

  • KEYWORDS
  • #カジュアル衣料
  • #効率化
  • #ミス低減

導入の効果

  • ミスを抑えて、高い作業生産性を実現
  • ローコストオペレーションが達成
  • 経験の浅い作業者も簡単に扱える

概要

カジュアル衣料の大手、㈱しまむらは2020年の秋から初のECサイト「しまむらオンラインストア」を開設されました。その物流拠点となるのが「東松山ECセンター」(埼玉県東松山市)です。店舗向け物流の基幹センター「東松山商品センター」に増築され、物流網や入・出荷などのマテハン設備は商品センターが保有するものを有効活用。ECセンターは、オーダー別仕分け装置「PTIシステム」を核に効率的なピッキング・仕分けを行い、ローコストで作業生産性の高いオペレーションを実現しています。

●東松山ECセンターの作業フロー

動画

音声有り

写真

設備の特長

ECセンターの中核設備として導入されたPTIシステムは、品種別に集約ピッキングした商品を注文主別に集品ケースへ種まき方式に仕分ける装置です。
構造はシンプルです。30から40ケースの集品ケースが置ける棚と棚上部に装着されたLEDライト、それに作業指示や進捗を示す小型ディスプレイで構成。集約ピッキングされた商品のJANコードをスキャニングすると、LEDライトが該当する集品ケースを照射、作業者はそのケースに商品を投入するだけです。これを繰り返すことで、注文主のオーダー別仕分けが完了します。
小型ディスプレイは、LEDライトの照射と同時に音声で該当ケースの位置をサポートガイダンスしますので、スピーディでミスのない仕分けを可能とします。また、すべての集品ケースへの仕分け完了すると進捗結果を表示します。

設備の特長
PTIシステム

設備導入の効果

しまむらオンラインストアは、主力のレディース衣料をはじめ、紳士服、子供服、服飾雑貨、靴など日を追うごとに取り扱い商品は広がり、注文が増加しています。ECセンターでは、バッチごとに40人分ずつのオーダーをまとめ、SKU(色、柄、サイズ)別に集約ピッキング。PTIシステムも1セットで40人分のオーダー別仕分けに対応しています。現在4セットが導入され、同時に160人分の仕分けを短時間で効率よく行っています。

Voice -お客様の声-

ECセンターが目指しているのは、ネット注文いただいたお客様に高品質のサービスをローコストでご提供することにある。PTIシステムを軸にしたシンプルで正確な仕組みの導入により、日々目標に近づけている。物量は増えつつあるが、PTIシステムは設備としての拡張性も高く、増設が容易に行えるので安心である。

お客様情報

写真:株式会社しまむら 様 画像

会社名
株式会社しまむら
事業内容
総合衣料の販売
従業員数
連結18204名(2021年 2月期末)
HP
https://www.shimamura.gr.jp/

※本記事内容は2021年4月に取材した内容を元に構成しております。
 記事内の数値データや組織情報は取材時のものとなります。

一覧へ

お問い合わせCONTACT

製品のお問合せ、お見積りご依頼、資料請求
その他のお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

PAGETOP