製品情報Products

積付け設備

トラックローダシリーズトラックへの高能力積込み装置

高速・大量出荷にフレキシブルに対応。スピーディで大幅な省時間化を実現

トラックローダは大量出荷が要求されるパレット積み商品を、フォークリフトに代わって一挙にトラックへ積込む出荷設備です。
トラックの形態や出荷量に応じて様々なタイプがあります。

トラックローダの図

コンパクト型トラックローダ

フォークリフトに代わって出荷パレットをトラック(ウィングボデイ車)に自動で積込むローディング装置「コンパクト型トラックローダ 」が登場。

工場や物流倉庫では、出荷パレットのトラックへのローディングに通常フォークリフトを使用します。しかし、最近ではフォークリフトマンの不足や、出荷場内をフォークリフトが走り回ることによる危険性、ローディングの長時間化によるドライバーの待機時間の長さなど、様々な問題が発生し改善が求められていました。

コンパクト型トラックローダは、こうした現場の課題を解決する新型省人化装置です。レールの上にローディング本体を往復走行させる構造で、トラック側面から1回で2パレットずつ積込んでいきます。これを繰り返すことで10tないし11tトラック1車分の16パレットを12分で積み終えます。

コンパクト型トラックローダの写真

コンパクト型トラックローダの図

主な特長

高能力

1回で2パレットをすき間なく積込むことで、トラック1車分の16パレットを12分でローディングします。

荷姿を安定保持

荷崩れを防止するマスト傾斜機構を採用し、安定した荷姿でローディングします。

狭い設置スペース

レールとローディング本体で構成したコンパクトな装置のため設置スペースが少なくてすみます。

コンパクト型トラックローダのカタログはコチラ(1.54MB)

img_0131_mov.jpg

トラックローダ ラインナップ

TL-15F型(地上走行フォーク式)

TL-15F型(地上走行フォーク式)の写真

ウィング車のウィング開時に下部に侵入できるよう、機高を低くした大型フォークリフトトラック

TL-10型(天井走行クレーン式)

TL-10型(天井走行クレーン式)の写真

トラック高さより上部に走行軌道架台を設置し、吊り下げられたフォークリフトトラック状の装置を走行。コンベヤ上のパレットを1車分持ち上げトラックに移載。

VL-10型(伸縮コンベヤ式)

VL-10型(伸縮コンベヤ式)の写真

トラック荷台上にローラコンベヤを伸ばし、ローラを前に回転しながら同速でコンベヤを引き込み、製品をすべり落とす

VL-5型(プッシャ式)

VL-5型(プッシャ式)の写真

トラック荷台上にフリーローラコンベヤを常設し、製品を押し込む。