HOME  »   会社案内  »   2017年の活動

2017年のフィランソロピー活動

今年も満開、オークラ桜!

オークラ輸送機本社工場の正面玄関にあるソメイヨシノが今年も見事に開花しました。昭和13年にオークラ輸送機が現在の地へ移転した創業記念として植樹されてから、会社の歴史と共に育ってきた大樹です。今年は開花時期に気温が上がらず、例年より一週間ほど遅い開花でしたが、立派に咲き誇り、新入社員を迎え入れてくれました。
開花期間は10日間ほどでしたがたくさんのお客様や地域住民の方が足を止めて、美しい桜に見入っていました。夜にはライトアップを実施し、幻想的な夜桜を収めようとカメラを片手に多くの人で賑わっていました。
今年もたくさんの人の心を和ませてくれたオークラ桜でした。

ページトップへ

「地球にやさしい」環境保全企業オークラへ~ゴミ削減への取組み~

オークラグループは環境基本方針に則り、ゴミの削減に積極的に取り組んでいます。本社工場のある加古川市では各家庭、事業系の燃えるゴミの20%削減を目標に、今年1月より事業所から出る機密書類を回収し、資源化事業を始めました。
当社も賛同し、加古川市資源化センター(加古川市平荘町)へ機密書類を搬入、資源化とCO2の削減に協力しております。機密書類は箱詰めされたまま溶解リサイクル処理されるため、他人の目に触れることはありません。
「地球にやさしい」企業を目指し、オークラグループ一丸となって環境保全に取組んで参ります。
ページトップへ

交通事故ゼロを目指して~交通安全研修会を開催~

「春の全国交通安全運動」が4月6日(木)~15日(土)の10日間実施されました。当社では運動初日に加古川警察署より講師にお招きし、本社の研修室にて交通安全研修会を開催しました。
役員や各部課長をはじめ新入社員も含めて229名が研修を受けました。講話では、「加古川署管轄地域では平成29年に入ってから3件の死亡事故が発生しており、特に夜間の人対車両事故が多い。帰宅時間帯に事故が多発しているので注意するように」と注意喚起がありました。また、「運転時は座席に深く腰かけ、適度に肘が曲がっている状態で運転することが大切。危ないと思ったら、ためらわずに急ブレーキをかけられる姿勢で運転して欲しい」とご指導頂きました。
オークラ交通安全スローガンである「ミラーよし、目視よし、心のゆとりで事故防止」の通り、余裕を持った運転を心がけ、交通事故ゼロを目指して参ります。
ページトップへ

第38回平荘湖駅伝競走大会に参加

3月12日(日)、加古川の春の恒例行事である平荘湖駅伝競走大会に参加しました。この大会は、加古川市の平荘湖周回コース(1周4.8km)を6区間(計28.8km)走る駅伝大会で、県内各地から272チーム、約1,600名が出場しました。
今年は、社内で多数の参加希望があり、オークラ輸送機からは3チーム(18名)出場しました。内2チームが同じ部門で競い合うこととなり、オークラ同士で抜きつ抜かれつの接戦を繰り広げ、大変盛り上がりました。
大会結果としては3チームとも上位には入れず悔しい結果でしたが、出場した社員全員がケガも無く完走できたことは大変喜ばしいことです。来年も引き続き参加を予定しております。

ページトップへ

力を合わせて!チームOKURA!~加古川綱引大会に出場~

2月26日(日)加古川市立総合体育館において、「第29回加古川カップ綱引大会」が開催されました。
 本大会には当社がスポンサー企業として協賛しており、加古川市の冬のスポーツイベントとして広く市民に親しまれています。今回は県内外より56チーム、約650名の参加があり、「男子一般の部」から「市内小学校対抗戦」までの5部門に分かれ、熱戦が繰り広げられました。
 今回は予選リーグ突破を目標に、当社からは本社や加古川東工場の有志が集い、チームOKURAを結成。「男子一般の部」に出場し、ベテランから初心者まで全員が力を合わせて綱を引き、見事勝利を掴み取りました。しかし、予選リーグ同率チームに抽選負けで決勝トーナメントには進出できませんでしたが、皆が持てる力を十分発揮した大会でした。

お問い合わせ
このページのトップへ